ドギースタイル

生活を暴露。 日によってテンションの差多し。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は不条理に満ちている

昨日は席替えをしてせっかくいい気分だったのですが放課後に担任のせいでかなり最悪な気分になってしまいました↓
放課後、私とMちゃんは文化祭の準備で教室に残っていました。とそこに担任がインターンシップ(企業で3日間就労体験をする)の文化祭掲示用の広用紙を纏めろ、とやってきたのです。それはMちゃん・私・Kちゃん、それと他クラスのH君で書いたものだったのですが、前に書いた通り教室に残っているのはMちゃんと私のみ。その広用紙にはもう文章は書き終わっており、また企業から貰った委嘱状というものも張り付けていて一度は提出し終わっていたものなのです。ただKちゃんは委嘱状を忘れてしまい、張り付けていなかったのですが、それもきちんと忘れてしまったときに「掲示前に貼れば大丈夫ですよね?」と担任に聞いていたのです。
だから私たちは担任に「それは書き終わっているものなので特に手を加えるところはないです」と断ったのですが担任は「うん、それは分かってるけど展示する前にチェックがあるからここ(Kちゃんの委嘱状を貼りつける場所)が空いてるからなんか書いて埋めて。それともう少し綺麗に色ペン使って」と言ってくるのです。
はぁ!?チェックなんて聞いてないし!と思いつつ、「それならKちゃんに言ってくださいよ、私たちは終わってるじゃないですか」と言葉を投げると「だから提出しなきゃいけないから一応なんか書いて埋めといて貼ればいいよ。」と言い放つではないですか。驚きですよ、あんたはあくまでも個々の責任において纏められた場所に連帯責任を持ってくるのですか。と言ってしまいたかったのですが一応話をしているのですから折り合いをつけるのが一番いいではありませんか。私は担任の言いぐさに驚きながらも続けます。
「だから私たちに言わないでもらえますか、Kちゃんが忘れて貼ってないんですから。」
「不本意かもしれないけど、きちんと書いてくれないと困るんだよね。」
「(困るのはこっちだよ)だからですね、そういう不本意とか本意とかじゃなくて纏め終わってる私とMちゃんに言わないでもらえますかってことを言ってるんですよ。」
「だから纏め終わってないから言ってるんだよね。」

…不毛なやりとりです。
しかも向こうがなぜかキレ始めています。
キレて「俺はね、一応優しい言葉で言ってるけどもっと厳しいことも言えるんだよ?分かる?これはお願いとかじゃなくて命令なんだよ」とか言ってきます。
10年以上学校に通ってますがね、教師に命令なんて言葉を使われてたのは初めてですよ、しかもあまりに不条理なことに対して!
穏便に折り合いをつけようとしていた私が馬鹿だと気づきまして、こっちもキレましたよ。
「あのですね、先生大体Kちゃんに空いている部分のこと言ってないじゃないですか。それなのに私たちに言われても困るんですよ。それにKちゃん先生に掲示前までに持ってくれば大丈夫って聞いてたじゃないですか。聞かれたときにちゃんとした日時Kちゃんに言ってくれました?言ってなかったなら私たちが言われる理由無いですよ?」
そうまくしたてるとあちらはまた「不本意だとは思うけどこっちにも都合があって、他の班のを見れば分かると思うけどもっと綺麗にね…」と。
また不本意かい!そして委嘱状のことを無視してレタリングのことを言ってきました。
しかもこっちの都合ときました。まるで自分だけが忙しいかのような言いぐさです。このとき私は茶道部の週一回の練習(しかも文化祭前最後の先生が来ての練習)にこの言い合いのせいで30分近く遅れていたのです。
私はもう諦めて話を打ち切り色ペンを使って可愛くもない四角で囲もうとしたのですがMちゃんが「角丸くしたら多少は可愛くなるよね」と言ったのでそれに。思えばMちゃんも茶道部でこんな言い合いしてなかったらさっさと練習に行けてたんだろうなぁと反省。
問題のKちゃんの空いた部分はしおりの1ページを貼りつけ担任にたたきつけて茶道部に行きました。本当は書けとか言ってたみたいですがそんな暇も心の余裕もありませんでした。
茶道部が終わったあとMちゃんや教室で言い合いの様子を見ていた友人たちから「椿マジキレてて怖かった~」と言われました。またも反省。
子供ですが自分の行いが大人げなかったです。悟りを開きたいです、他人になにを言われても平常心でいたい…。
将来目指すのはのび太のおばあちゃんです。
でもこんなことをいいながら今の自分も嫌いじゃないデス。(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。