ドギースタイル

生活を暴露。 日によってテンションの差多し。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は密室でできている。(舞城王太郎)

この人の文体はすごい!
初めて舞城王太郎の小説を読んだ時思い、それからは図書室にある舞城王太郎作品を見つけては読むということがしばらく続きました。
この『世界は密室でできている。』もその一つ。
しかし、これは今までの作品よりも少し文章が読みやすくなったかな。(私が慣れたせいかもしれませんが)
主人公は十五歳の「僕」と十四歳の「ルンババ」。福井に住む中学三年生の僕はひょんなことから東京に住む高校二年の「エノキ」と知り合います。(余談ですがこの人は結構青春ものや学生ものを描くのが好きなのかしら。)
話の荒唐無稽さに最初は驚きますが、なぜかその世界が自分の中にするりと入ってきてしまう怖さ、面白さ。それがこの人の文にはあります。それだけ引き込まれる力を持っているというか。但し、引き込まれすぎて途中でやめてまた読むのを再開しようとすると「またあの文章読むんだ・・・」とちょっと嫌になることもありますが(笑)
実はこの話、僕ではなくルンババに感動してしまいます。ルンババの姉「涼ちゃん」は学校に行かず、ふらりと遠くへ行っては帰ってくるという生活をしていましたが、ある日屋根の上から飛び降り脛から飛び出た足の骨が喉にささって三日苦しんでその間両親から責められながら、死にます。それからずっとルンババは涼ちゃんを止めることが出来ない自責の念にかられていたのでしょう。最後のシーンは、しんみりとしてしまいます。
舞城王太郎作品にしては値段もお手ごろですし、不意に濃い文章が読みたくなったときにでもいいんじゃないでしょうか。
但し、コーヒー片手にカフェでなんてオシャレな読み方は出来ない本ですが。

スポンサーサイト

平成都市伝説(監修:尾之上浩司)

正直、私はこの本をオススメできない。

私の学校には朝の10分間読書というのがあって、朝のHRのあと10分間本を読まなければいけない時間が1年のうち2週間分とってある。(個人的には3年間朝読書でよかったのだが・・・)
このとき私はお気に入りの作家の小説・エッセイ・コラムをほとんど読み尽くしてしまい、新しい本を買う金もない、かといって図書館の本もめぼしいものは読んでしまった。そんな時に、これを見つけたので少し読んでみたのだ。
新鋭小説家やホラー小説家たちが短編の都市伝説に関連したような小説を書いている。第一に目がつくのは梶尾真治。
背表紙の部分に監修者の名前より大きくその名が書かれている。
これってもしかして、『黄泉がえり』の人気に便乗した本?そんな不安を抱きながら読む。
私個人の感性と梶尾真治の文体はどうも合わないようで何度この人の小説やエッセイを読んでも違和感を感じてしまう。
載っているその他の小説もあまり怖いというほどではなかった。
小学生が主人公の『見るなの本』(田中啓文)は少し面白かったと思う。

へんないきもの(早川いくを)

なんというか・・・、題名どおりへん
メジャーなところではラッコやプレーリードッグ。マイナーなところではボウエンギョといった深海魚やウミウシの類などがリアルな図解付きで載っています。
この本のなにが面白いかというと、作者である早川氏の動物に対する愛あるツッコミです。
例えば、85本脚がある多脚タコ。余りの珍しさに標本にされたが後に96本の足を持つものが現れたという、多脚タコに対する悲哀の念。
また例えば、ワニガメの自然放流(という建前の元の投棄)に端を発する日本のペット輸入過剰に対する警告。
そして、ツチノコという幻なのか実在するのか分からない生き物についての独自の考察やそれを追い求める人々のロマン。
その他、決して動物に対する強い思いがなければ書けないような文章たち。
早川氏によってスポットライトを浴びた生き物たちは、今日もそんなことを露知らず生きているのでしょう。

あと、個人的に気になる点があるのですがウミウシの類が出る回数が多かった気がするのですが、気のせいでしょうか。
それだけウミウシが珍妙な生き物ってこと?

鉄腕アトムは電気羊の夢を見るか

現代社会の自由題材レポートの参考資料に図書室で借りました。
最初は現在開発されているヒューマノイドロボットの話。そして鉄腕アトムを使った手塚治虫の漫画手法、最終的にはレオナルド・ダ・ヴィンチと手塚治虫の共通点となっています。
私は最初のヒューマノイドロボットの点をメインに読んでいたのだけど正直後になるほど面白かった。
個人的に手塚治虫の作品は好きだし(この人の作品が嫌いな日本人なんているのだろうか)レオナルド・ダ・ヴィンチにも興味はある。この人の語り口調は優しいし、初めてヒューマノイドロボットについて調べるときに読むのはいいかも。
ただし、少し手塚治虫&ダ・ヴィンチ信仰が入っている感じはあります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。