ドギースタイル

生活を暴露。 日によってテンションの差多し。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーもー。

お久しぶりです。
2ヶ月ほど留守にしておりました。
就職、決まりました!
地元です、地元。ウヒヒ。
まぁ、あとは卒業と内定取消にさえ注意すれば大丈夫っ(笑)
こういう経緯って本当は書かなきゃいけないんだろうけど、面倒かも・・・。多分書かないんで「書くかも・・・」みたいなことは言いません。
何はともあれお疲れ、自分。
今度の日曜文化祭だ!
スポンサーサイト

宇宙戦争

公開前は宇宙SFもの対決、「宇宙戦争」VS「スター・ウォーズ3」なんてあおりも時折見かけましたが、確実にその勝負「宇宙戦争」の負けだと思いました。(まぁ、スターウォーズはどエピソードも見てませんが)
私、実はこのラストを友人から聞き、知っておりまして特に期待もしていなかったのですが、たつやとの以前からの約束だったので変更するのも面倒臭かったので、観に行きました。
正直SFとしては本当に「ふぅん」という程度のストーリーでした。
元々原作者がHGウェルズで、それこそロボットSFの権威アイザックアシモフとほぼ同時期の、古い小説のストーリーではありませんか。当時は確かに画期的な素晴らしい、誰も考え付かない物語だったのでしょうが、時は流れその長い時間の間に誰もがその轍を踏んでいったのです。使い古された、聞こえは悪いですがそんな言葉を思わず使ってしまいます。
しかし、映像は凄かったですよ。
さすがハリウッド!これってどんな撮影方法なのかしら、セット?それともCG?どっちにしろとってもお金掛けてるわねぇ。
私は映画上映中ほとんど上記のようなことを考えていました。
あと、想像力の逞しい方はB級ホラーを見るよりもよっぽど怖くなると思いますよ。
川上から何十もの死体がどんぶらこどんぶらこと流れてくる様はまるで、ホラー映画のようでしたけれど、この映画はSFでしたわよね?


7月の終わりに書いて、放っておいたままでした・・・。

こういう家族です

父「おーい、シーモンキー見ないか?」

私「シーモンキー?

父「海猿

私「・・・見らん。」





そういえばシーモンキー復活してますね。
【シーモンキー・ジャパン】オンラインショップらしいです

真実はどっちよっ!?

今日は、狙いの会社から求人票が届いたという電話を先週の金曜に学校から貰い、学校へチャリを漕ぎ漕ぎ行ってきました。
まず、求人票をコピー。
そのあとは履歴書用紙と校内選考願い用紙(一つの求人が応募多数の場合、学校内で成績が良い人や欠席遅刻の少ない順に推薦するのです)を貰う。
それを家で書いたらできるだけ素早く提出。
そんなこれからの予定を頭の中で考えながら、暑い中を学校に到着。
偶然開いていた図書室で少し涼み、進路室へGO!

進路室の先生「○○社?まだ求人票はきてないけど。」

マジですかっ!!?

このときの衝撃といったらないですよ、背中に稲妻走りましたからね。
そういえば、電話を下さったのは3年担当の先生で、決して進路室の先生ではありませんでしたが・・・。もしかして、求人票が来たらどうするかを説明したわけ?しかし、それにしては日にちを指定してきていたし・・・。(当たり前だけれど)初めての就職活動なんだよー!情報が交錯しない様にしてほしいよなぁ・・・。どうしよう、コレが原因でこの希望の会社を受けれなくなったら・・・。
帰り道は落胆と暑さのあまり、泣きそうになりながらチャリンコで30分かけておうちまで帰りました・・・、はぁ

親しい人が凹んでるのは心配です。

なんだかワタクシの彼氏、たつやがちょっと凹み中・・・?
遠距離恋愛中なのですが、昨日のメールにて「今すぐにでも逢いたい・・・」と。時折そういうことは言ってきますが、今回はなんだかシリアスで、心配になりました。聞いてみるとちょっと仕事で上手く行かなかった様子。
うーん、気になるなぁ。こういうのって恋愛関係を抜きにしても気になりますよね。それに物理的距離もあるしなぁ。
私は必ずしも物理的距離=心理的距離になるとは思いませんが、物理的距離が寂しさを倍増させるとは思います。(その結果、心理的な距離の遠さにも繋がるかも。)だから心配だなぁ。
「1日寝たら少しはましになった」って言ってはいましたが、次に逢うのは24日からだしな。しかも3日しか逢えないし。あと2週間と3日ぐらいか。私も就活に向けて履歴書書いたりしなきゃだめだし、少なくとも9月に入ったら学生とはいえずっと構ってあげられるわけでもないし。
「そばにいて欲しいだけ」なんて単純で一番難しい要求なんだなぁ。

すいません、眠りのせいか上手く纏まりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。